私は株主優待のクロス(つなぎ売り)をする際、
主にSBI証券を利用しています。

ですが最近、フライングクロスでも特に銘柄数の少ない月の人気銘柄は
在庫の確保が難しくなってきたな~と感じていました。



そこで4月の人気銘柄のくら寿司(2695)
フライングクロスの開始日(4月は6日でした)より、さらに数営業日前の
まだ在庫が残っている段階でクロスを完了させておきました。


ed02c8e1.jpg




おそらく取り負けるであろう争奪戦の日時より前にあらかじめこうしておくことで、
自分の任意の時間(場中に値が動いている時間帯)に
このクロス分の現渡しを行うことによって、自分自身で在庫を空けて
その直後に再度クロスをして権利付き最終日をまたぐ為です。





でも実験をする前にひとつ不安なことがありました。


それは場中に現渡しをして、そのあとすぐに在庫が復活するか
(「△残りわずか」にすぐなるか)どうかでした。



株や家計の事など何でも相談にのります お悩み相談や、世間話なども大歓迎です!



結果を先に書きますと、現渡しをした直後にしっかり反映していました。
(「×受付不可」から「△残りわずか」に変わりました。)



後は場中に同値クロスをする為、すぐに


20-05-05-09-48-19-115_deco


こんな感じでササッと注文を入れて即発注!
(この後はゆっくりと引け成行で買いの方を入れればOKです。
場中なので、もちろん時間差クロスでもOKです。)
したのですが~…







……







取れませんでしたああぁぁ(ノ◇≦。) 



手数料等全てムダになりました。←

82f358f6.jpg







ちなみに、最終的にかかってくる手数料自体はフライングクロスでも
スーパーフライングクロス(勝手に呼んでます。笑)でも変わりません。

貸し株料は少し多くかかります。





出来高が細ってくる、閑散としているであろう時間帯を狙って
現渡しして在庫を空けたのですが…

とても残念な実験結果となってしまいました。





おすし、たべたかった~~~(♡﹃♡ԅ)←ヨダレフイテ